【ヤニクラしない方法5選】症状が出やすい状況と予防策

ヤニクラしない方法

この記事では、「ヤニクラをしない方法」を紹介します。

ヤニクラを完全に防ぐには、「煙草を吸わないこと」が一番です。

ですが、ヤニクラになるのは嫌でも「煙草はやめたくない!」という人もいるでしょう。

そこで今回は、「ヤニクラが起こりやすい状況」や「ヤニクラにならないタバコの吸い方」を解説します。

ヤニクラしやすい状況5選

まず、ヤニクラしやすい状況をお伝えします。

喫煙後におきる体調不良は、シチュエーションやタバコを吸うタイミングによっても大きな違いがあります。

今から紹介するシチュエーションやタイミングに気を付けるだけでも体調不良に繋がらなかったり、症状の悪化を防ぐことができるようになります。

事前に把握しておき、日頃から対応できるようにしておきましょう。

主に下記の場合は注意しましょう。

それぞれ解説していきます。

喫煙タイミング①:運動後や入浴後

運動後や入浴後は、汗をかいており体内が水分不足の状態になっていることが考えられます。

体内が水分不足になっているということは、血液も粘性が高くなっておりドロドロとした状態になっています。

水分不足の時にタバコを吸うとニコチンや一酸化炭素による影響を強く受けてしまうので、注意が必要です。

また、心臓の拍動も増えている状態です。

拍動が多いということは、多くの血液を全身に送っているので有害物質も一緒に速く広げてしまうことに繋がりかねません。

運動後や風呂上がり後にタバコを吸いたい場合は、水分をしっかりと取り少し落ち着いてから喫煙するようにしましょう。

喫煙タイミング②:寝る直前

寝る前に最後の一服と思い、タバコを吸っている人は多いと思います。

しかし、寝る直前も注意が必要なタイミングです。

寝てしまうと起きるまで水分を取ることもありませんし、有害物質を排出する機会もないために影響を強く受けてしまいます。

また、ニコチンは交感神経を刺激することで覚醒作用があるために寝付きの悪さや睡眠の質の低下にも繋がります。

寝る直前にタバコを吸うメリットは何もないので、このタイミングでタバコを吸うのは止めておきましょう。

喫煙タイミング③:起床後

起床後は血圧が下がっており、お腹が空いている状態です。

この状態でタバコを吸うとニコチンの作用により血管が収縮し血液量が低下しているのにも関わらず低血圧状態なので、より血液循環不全に陥ってしまいます。

また、起床後にトイレにいくと尿が少し黄色くなっていませんか?

あれは体内が軽い脱水状態になっている証拠です。

体内の水分量も少なく血圧も低下しており、お腹が空いている状態でタバコを吸うと、有害物質の影響を強く受けてしまうのでオススメしません。

喫煙タイミング④:飲酒時

飲みの場ではお酒とタバコは切っても切れない関係ですが、飲酒しながらタバコを吸うこともできる限り控えましょう。

お酒を飲むだけでも、脈拍が速くなり心臓に負担がかかったり吐き気を催したり負担がかかっています。

それに合わせてタバコを吸うことでより、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質の影響を強く受けてしまいます。

また、ついつい飲みの場は楽しくて普段よりもタバコの本数が多くなる傾向がありますよね。

タバコの本数が増えれば増えるほど、体への負担は大きくなりヤニクラへと繋がるので注意が必要です。

喫煙タイミング⑤:体調不良時や睡眠不足時

体調不良時や睡眠不足時は、タバコの有害物質の影響を強く受けます。

元気なときと違って体調不良時は、すでに体の免疫機能が低下している状態です。

普段よりも弱いニコチン量のタバコでも、強いヤニクラの症状が出る可能性もあります。

体調不良時や睡眠不足時はタバコを控えて体調を整えることを優先しましょう。

ヤニクラしない方法5選

ヤニクラを完全に防ぐには「煙草を吸わない」のが一番です。

とはいえ、「ヤニクラになるのは嫌だけれど、煙草はやめたくない!」という人もいるでしょう。

そこで、ここではヤニクラを起こさない方法を解説していきます。

防ぐ方法①:チェーンスモークをしない

連続して煙草を何本も吸う“チェーンスモーク”では、煙草の有害成分を短期間で大量に摂取してしまうことになります。

そうなると、ニコチンや一酸化炭素などの有害成分が体に強く作用し、血管の収縮や酸欠の状態が続くのでヤニクラが起きやすくなるのです。

ここで重要なのは、体内に取り込まれる有害成分の量を少なくすること。

具体的な対策としては、1本でも満足できる煙草に変えることがおすすめです。

でも、「どうしてもチェーンスモークはやめられない」という人もいますよね?そんな時は、ニコチンやタールの量が少ない煙草を選ぶようにしましょう。

ただし、これらの対策をとっても、体に取り込む有害成分の量が多くなってしまう場合もあるので注意が必要です。

防ぐ方法②:飲酒時の喫煙はやめる

居酒屋に行くと、お酒を飲みながら煙草を吸っている人をよく見かけませんか?

最近は、コロナの流行がまだまだ収まらないので、家のみとしてお酒を片手に煙草を吸っている人もいるでしょう。

しかし、お酒を飲んでいるときに煙草を吸うと、上記で説明したようにヤニクラが起こりやすいので注意が必要です。

また、煙草の有害な成分とアルコールが一緒に体内へ入ることで、さらに強い発がん性を示すことが知られています。

約3000人の日本人を対象としたある調査では、お酒と煙草の両方をたしなむ人は両方ともたしなまない人に比べて、食道がんのリスクが190倍高くなるという結果になりました。

「そうはいっても、どちらもやめられないよ」という人は、お酒と煙草を同時に摂取することは避けるようにしましょう。

防ぐ方法③:寝起きや睡眠不足時は吸わない

あなたは寝起き直後に、眠気を覚まそうと煙草を吸ってはいませんか?

実はそのタイミングの喫煙は、ヤニクラだけでなく、がんの発症リスクを高めることが分かっているので要注意。

米ペンシルベニア州立大学の研究グループが、成人している喫煙者約2000人から採取した血液サンプルと喫煙習慣を分析したところ、その日最初の煙草を起床後30分以内に吸う人は、31分以上たってから最初の煙草を吸う人よりも、煙草特有の発がん物質の血中濃度が高いという結果になりました。

また、寝不足の時はすでに脳が酸欠状態であり、ホルモンバランスや免疫力も低下しています。

そんな時に煙草を吸ってしまうと、さらに状態を悪化させてしまうので、寝起きや睡眠不足の時は煙草を控えた方がいいでしょう。

防ぐ方法④:ご飯を食べて、空腹を避ける

煙草に含まれるニコチンの作用によって胃酸の分泌が促進されても、胃に食べ物がある状態であれば胃の粘膜を保護することができます。

そのため、煙草を吸う前は何か軽食をとるようにするか、もしくは食後に煙草を吸うようにしましょう。

防ぐ方法⑤:部屋をきちんと換気する

脳の酸欠によって起こるヤニクラは、部屋をきちんと換気することで、酸素の確保や煙の吸引による有害成分の摂取量を減らせます。

厚生労働省の研究では、両親が喫煙しない子どもの尿中コチニン(煙草に含まれるニコチンが体内で代謝されて作られる化学物質)を1とすると、親が屋内で自由に喫煙している家庭の子どもは15.2倍、換気扇の下で喫煙している家庭の子どもは3.2倍、戸を閉めて屋外で喫煙している家庭の子どもは2.0倍の尿中コチニンが検出されたことがわかりました。

参考:佐世保市

このように煙草の影響を完全に除去することはできませんが、換気によってヤニクラの原因となるニコチンを減らせるということが分かったかと思います。

ヤニクラを予防し、受動喫煙のリスクを低下させる1つの手段として、“換気”を実践してみましょう。

体質が原因なら【ニコチン/タール0の電子タバコ】を選ぼう

「ヤニクラが辛くて、煙草に慣れるまで待ってられない」という人は、ニコチンやタールが含まれていない電子煙草を選ぶことをおすすめします。

電子煙草は、煙草の葉を燃焼させないのでタールが発生しません。

また、日本ではニコチン入りの電子タバコの販売は禁止されています。

つまり、電子煙草はヤニクラの原因となる物質が少ないということです。

ここで注意しておきたいのが、電子煙草は加熱式煙草とは別物だということ。

アイコスイルマやプルームエスといった加熱式煙草は電子煙草によく似ています。

しかし、煙草の葉を使用するのでニコチンが発生する一方で、専用機器で煙草の葉を燃焼させるので、巻き煙草と比べてタールが発生しにくいという特徴があります。

そのため、ヤニクラを防ぐ目的で使用する場合は、電子煙草を利用しましょう。

[common-midashi-sokyu]

死にたくないなら!
「ニコチン&タール0」の電子タバコに変えよう↓
品質No.1「ドクターベイプ」はこちら
死にたくないなら!
「ニコチン&タール0」の電子タバコに変えよう↓
品質No.1「ドクターベイプ」はこちら
タイトルとURLをコピーしました